🔲 初めての方へ

 

 🔲 お悩みの案内

 

 🔲 当店について

背中が疲れると肩がこりやすい

肩こりだけど背中?

本日もアクセスありがとうございます

奈良県香芝市、上牧、広陵からすぐ

人体模型が恋人の美容整体パーチの院長、神橋です


ヘルパーさんや介護職の方って肩こりになることが非常におおいですよね

当院にもそういった方々にきていただけてるんですが

そういった肩こりの場合、肩だけに注目してマッサージやストレッチをおこなっても

なかなかスッキリしないことがあると思います

そんな時にちょっとほかの場所に注目して頂きたいんですが

まずは腕の疲れ!

こういった仕事をされている方は腕を案外というかよくよく使うので

疲労を感じている方も多いです

そして腕が疲れてしまうと

それまで腕の筋力で物を持ったり持ち上げたり、支えたりしていた負荷が

腕の疲れでその筋力が発揮できないことで

その分、肩周りの大きな筋肉でそれをカバーしようとします

その結果、肩周りの筋肉の仕事の量が増えてしまって

肩こりがとれなくなってしまうんですΣ(・ω・ノ)ノ!


さらにもう少し掘り下げると

背中の筋肉達にも注目してください

先ほどの物を持ったり、持ち上げたり、支えたりするときに

腕だけではなく、さらに大きく力強い背中の筋肉を使うんです

また、こういった仕事をされている方は

同じ体勢が続いたり、変な体勢で動かないといけないことも多いので

その状態でも自分の体を支えるために背中の筋肉が頑張ってくれます



そうやって背中に疲労がたまってくると

当然、背中の働きが鈍ってきて

その負担は腕のほうに回ってきて、

そのぶん腕の仕事の量が増えます

ここからは先ほど書いたように、次は肩周りの筋肉へと負担がまわって行きます


なので肩周りの筋肉を緩めたり疲労をとろうとするのは大切なんですが

それでもなかなか思うように肩こりがとれないときは

腕や背中の筋肉に疲労がたまっていて、肩の筋肉の仕事の量が増えていることがあるので

背中や腕のストレッチやケアをしてあげるようにしてみてください


 

キレイな体をつくるお手伝いをしているはこちら

香芝市、上牧、広陵からすぐの美容整体パーチのホームへ

 

他のスタイルを作る筋肉が気になる方はこちら

あなたのキレイを作る筋肉達

 

筋肉以外のキレイな体を作るヒントはこちら

キレイな体の作り方