🔲 初めての方へ

 

 🔲 お悩みの案内

 

 🔲 当店について

デスクワークで肩こりがひどくなるのはどうして?

じっと支えると肩こりに

本日もアクセスありがとうございます

奈良県香芝市、上牧、広陵からすぐ

人体模型が恋人の美容整体パーチの院長、神橋です


パソコンなどデスクワークってどうしても肩がこりやすいですよね

当たり前って言えば当たり間なんですが

時々質問を受けるのが

その当たり前とされている肩こりはなぜ起こるのか?


確かに、デスクワークだから肩がこるものって思い込んでしまっていますが

それがどうしてって考えることは少ないですよね(;^ω^)


大きな理由として、背中や肩の筋肉で腕や手先を支えていることが関係します

指先を動かしていて、それを腕で支える

それがだんだん疲れてくれば、さらに大きな肩や背中の筋肉で支える

この様に手先の負担が肩にまでのしかかってきます


さらに腕や指先を支えるということは

筋肉に力が入り働いているということなんですが

その働き方も、ほとんど動かずにその場でじっと力が入っている状態です

実はこれってかなり疲れる筋肉の使い方で

筋肉は本来、伸びたり縮んだりすることで血液がしっかり流れ

それによって栄養が入ってきたり、老廃物がでて行ったり、乳酸(疲労のもと)が流れたり

それがほとんど伸び縮せずに働くものなので

疲れや老廃物ばかりがたまり、新しい血液や栄養が流れてきにくくなってしまってるんですΣ(・ω・ )!


これによって筋肉にこりが生まれ

肩や背中がこってしまうんです


だから、あちこちで紹介されているデスクワークの時の肩こりのストレッチなどは

じっとしていないで肩や背中を動かすようになってるんです

なので、どうしてデスクワークで肩がこるかをきちんと知ってもらうと

肩をまわすにしても、背中や肩周りをしっかり動かして

筋肉を伸び縮させないといけないのがわかると思いますので

そのストレッチなどの動きも、今までより大きくしてくださいね

 


 

キレイな体をつくるお手伝いをしているのはこちら

香芝市、上牧、広陵からすぐの美容整体パーチのホームへ

 

他のキレイを作る真相も知りたい方はこちら

キレイな体の真相

 

もっとキレイのヒントが知りたい!という方はこちら

キレイな体の作り方