🔲 初めての方へ

 

 🔲 お悩みの案内

 

 🔲 当店について

日常で効率よくキレイになるために

理想の体型に近づけない問題は歩く「こと」じゃなくその歩き「方」

本日もアクセスありがとうございます

奈良県香芝市、上牧、広陵からすぐ

人体模型の表面じゃなく奥に隠れた筋肉が気になる

美容整体パーチの院長、神橋です

 

その動き、どこを使っています?

 

先日、エクササイズや筋トレなどの運動は同じようなやり方でも、筋肉の使い方によって効果が変わってくるということを書きましたが

これって普段の日常の生活でも言えることなんです(^^)

例えば、歩くということはほとんどの方が毎日行っていることだと思います

その歩くという動作の時に使う筋肉はある程度決まっています

AとBという筋肉で太ももを上げ、CとDという筋肉で片足の時にバランスをとり、EとFという筋肉で地面をける

ほとんどの方は習慣でほぼ意識はしていないと思いますが( ̄▽ ̄)

ただここで注目してほしいのが、太ももを上げるときはAとBという筋肉を使うところ

ここまでいうとなんとなく言いたいことがわかるよってつっこまれそうですが(;・∀・)

太ももが細い方ってのはAの筋肉をメインに使いBの筋肉を補助的に使っていて

反対に太ももの太さが気になる方は、Bの筋肉をメインに使いAの筋肉を補助的に使っている

ここの筋肉の使い方が日に日に太ももの大きさに差が出る原因になっているんです

ここで注目してほしいのが、太ももの細い方も、太ももの大きさが気になる方も同じ歩くという行為をしているところ(゚д゚)!

よくきく、歩いても全然効果がでない方はちょっと厳しいことを言うと、

使う筋肉を勘違いしているんです!だから思った体型に近づけないんです!

こういっている私がそこまでできている?なので耳が痛い…(>_<)

 

同じような生活で、食べる量もあまり変わらないのに体型に大きく差が出るのは、

確かに一つは生まれ持った体の構造、遺伝的に代謝が少しひくいとか(カロリーを消費しにくい)、骨格が違うとか、そういったところで差がついてしまうところもありますが

でもほとんどの方は先ほどの歩くという例えのように、一見同じような生活に見えても、体の使っている部分が全然違うんです

ただほんとに身体っていやなほど正直です

歩く時なら膝の向きやつま先の向きでの違いでも、毎日続くと全く違う脚のラインになってきます(;´∀`)

 

だから、スタイルを変えたいときに生活を見直すときは、

朝はご飯は減らして、夕方はウォーキングをして…というように、今までの生活の「」を変えるとともに

そのウォーキングの時の体の使い方や、さらに言うと立って顔を洗うときの立ち方、通勤で自転車に乗るなら、自転車をこぐときの体の使い方など一つ一つの「内容」にまで目を向けてくださいね

 

ってまたすごくややこしい!

(/ω\)

 

 

キレイな体をつくるお手伝いをしているのはこちら

香芝市、上牧、広陵からすぐの美容整体パーチのホームへ

 

他のキレイを作る真相も知りたい方はこちら

理想に近づくための習慣

 

もっとキレイのヒントが知りたい!という方はこちら

キレイな体の作り方