🔲 初めての方へ

 

 🔲 お悩みの案内

 

 🔲 当店について

心を込める心とは?④

精一杯のありがとう

本日もアクセスありがとうございます

奈良県香芝市、上牧、広陵からすぐ

人体模型が恋人の美容整体パーチの院長、神橋です

 

こぼれる涙や思いとは反対に父の顔や手はだんだん冷たくなっていく

そのそばではお医者さんや看護師さんが懸命に処置をおこなってくれていました

ただなんとか!という想いとともに、正直もうどうにかできるものではないということはなんとなく自分自身、理解していたと思います

だからこそなおさら、涙や言葉が止まらなかったんだと思います

 

そんななか私は弟の手をひっぱり、父の手の上にのせました

生きるってことをなんとなく感じてほしかったんだと思います

まぁ弟にすればいい迷惑だったでしょうね^_^;

 

だんだんと脈拍も弱っていく父

呼吸さえもままならなくなってきました…

 

担当医の方が心臓マッサージを始めたころ、父の呼吸は最後の一息を吸い込みました…

その時、父の目からも一筋の涙がこぼれ落ちました

生理的な反応なのか、死に対しての恐怖なのか、悔いのあらわれなのか、はたまた生きてきたことに対しての喜びであったのか

そのこぼれた涙の意味を私が知ることができるのは、自分自身が父と同じ状況になった時になるので、もう少し先になるでしょう

ただできれば、その涙は父の人生の喜びの思い出でであり、その中に私との思い出が含まれていれば…と父のもとに生まれ育った一人の息子として願っています

 

その後すぐに帰宅していた母が駆けつけました

そして最後の挨拶をおえたところで、担当医の心臓マッサージは

「本当によく頑張ったと思います」という言葉とともに終わりをつげました

 

父の顔や手は冷たかったです

先ほどまであったぬくもり…

ほんとにわずかなぬくもりです、

体温なんて言っても36度前後と熱量としては微々たるものです

ただそこに詰まっているのがきっと生きるということであったり、その人らしさを作る心のために必要なものなんだと

心を込めるという表現がありますが、

父が最後に感じさせてくれた、計ることはできませんが、確かにそこに存在した「それ」を込めることなんだと

少しだけ心を込めるということが前より解ったような気がします

 

また一人の息子として、父自身に、その父を診てくださった担当医や看護師さん

母親や弟、父の兄弟や親、さらにはその父が出会ってきた人たち、言いだすとキリがありませんが、それらすべてのことに感謝します

そんな感謝を、私が返せるのはわずかな人たちだけだと思いますが、だからこそ仕事や日常で出会う方々に自分ができる精一杯を返していけたらと思っています

 

 

キレイな体をつくるお手伝いをしているのはこちら

香芝市、上牧、広陵からすぐの美容整体パーチのホームへ

 

他の記事が気になった方はこちら

奈良県香芝市、上牧、広陵からすぐの美容整体 キレイな体の作り方