🔲 初めての方へ

 

 🔲 お悩みの案内

 

 🔲 当店について

重心は後ろなんだけど…

慣れてきた頃に注意が必要

本日もアクセスありがとうございます

奈良県香芝市、上牧、広陵からすぐ

人体模型が恋人の美容整体パーチの院長、神橋です

 

きっちり立つのってやっぱり難しい

 

以前の記事で立ち方について、足の裏の重心をかける位置が前方になっている方が多いということを書いたんですが

「いや、知らないよ」と言う方はこちらをクリック→「美脚を作るための重心の位置

来院頂いたお客様にも説明させていただき、実践していただくと腰や肩の硬さも以前より柔らかくなったなどのお声をちょうだいしてます

そんな言葉をいただくと俄然やる気が出てくる単純な私なんですが

その後も施術を重ねていくと、またまた陰りが見え始めるお客様もいらっしゃります(;´・ω・)

その陰りってのが…

重心を踵に乗せ過ぎになってくるということΣ(゚Д゚)

以前は足の裏の前方にあった重心を、本来の正しい位置に心がけてもらう

最初はお客様もしっかり意識してくださるので日に日にそれが習慣になっていく

これってすごくいいことなんですが

そこに潜んでいいるのが…「慣れ」という名の油断

本来の正しい立ち方がしっかり身にしみていくまではやはり時間がかかります

これがまだしっかり身にしみていないと、身体は重心が足の後ろにさえあればいいと勘違いをおこしてしまい

正しい重心の位置よりさらに後ろに重心をもっていきます

その先にあるのが踵の部分ですね

正しい重心の位置で立つことって、身体のあれこれの筋肉を使うので結構大変なんですが

これを踵の位置に重心をもっていくと、重心が前にあったころと同じで、使う筋肉が限られてきて楽に感じるんです

だからそのあれこれの筋肉を使う習慣がつくまでに

お客様も知らず知らずに重心が踵にのってしまっていることが多々あります

こうなると、足を太くする原因になりますし、腰にも負荷がかかりやすくなり腰痛や、背中も丸まりやすくなるので肩コリがまたでてきやすくなったり

本人はそんなつもりはなくても身体は何とか楽をしたがって様子をうかがっています

 

慣れてきて姿勢に意識が薄れてきたときほど心の帯をしめなおしてくださいね(^^)

 

 

 

キレイな体をつくるお手伝いをしているのはこちら

香芝市、上牧、広陵からすぐの美容整体パーチのホームへ

 

 他のキレイをつくる習慣も知りたい方はこちら

理想に近づくための習慣

 

体の歪み以外のキレイのヒントはこちら

キレイな体の作り