🔲 初めての方へ

 

 🔲 お悩みの案内

 

 🔲 当店について

バストの凸ではなく凹を深める

バストアップのためにあえて減らす部位

本日もアクセスありがとうございます

奈良県香芝市、上牧、広陵からすぐ

人体模型が恋人の美容整体パーチの院長、神橋です

 

アンダーバストを減らす内腹斜筋

 

CМあけもしっかり放送したいと思います(^^)

何言ってるの?そう思われた方はまずこちらの記事→「バストアップはここが重要」を読んでみてくださいね

 

前回はバストの凸に目を向けるんじゃなくて凹の部分に注目してくださいと書かせていただきましたが

そんな凹の部分にあたるアンダーバストを引き締める筋肉がこちら

内腹斜筋!

骨盤などから肋骨(あばら骨)下縁につく筋肉

この筋肉が広がった肋骨をキュッと引き締めてくれることでアンダーバストが引き締まります

 

つまり日常でこの筋肉を使ていないと肋骨が広がり、アンダーバストが大きくなり、その結果バストが小さく見えてしまうんですΣ(゚Д゚)

 

だからこそ普段から使ってあげる必要があるんですが

この筋肉を鍛えようと思ってもちょっと癖のあるこで

お腹の筋肉だから腹筋をすれば…そう思う方も多いと思いますが、真っ直ぐ体を曲げ伸ばしするだけではほとんど働かず、それならと体をひねりながら腹筋運動をしてもあまり働いてくれないという報告も多々あり

ピンポイントでねらいにくい筋肉なんです(>_<)

 

だからこそ私がまずアドバイスさせていただくのがトレーニングだけに頼らず、普段から日常で使ってあげること!

そのために必要なのが…姿勢をただすことなんです

この内腹斜筋は体幹を支えるインナーマッスルであり、良い姿勢をとろうと背筋をただすと働いてくれます

反対に姿勢が普段から崩れていると、内腹斜筋が働かず、だんだん肋骨が広がり、アンダーバストが大きくなるということです

こっれを聞いてハッと思われる方もおおいのでは?

 

バストアップにもつながる姿勢、あなたはだいじょうぶです?

 

さらにキレイな体を目指したいという方にはトレーニング方法もあるんですが、なんせ身体の内側の見えていない筋肉なだけに、文章では細かい部分が伝わりにくくなってしまいますのでここでは書かないできます💦

 

まずは正しい姿勢をしっかりとるところから始めてください(^o^)/

 

 

キレイな体をつくるお手伝いをしているのはこちら

香芝市、上牧、広陵からすぐの美容整体パーチのホームへ

 

他のキレイを作る真相も知りたい方はこちら

理想に近づくための習慣

 

もっとキレイのヒントが知りたい!という方はこちら

キレイな体の作り方