🔲 初めての方へ

 

 🔲 お悩みの案内

 

 🔲 当店について

写真にうつる自分

写真でもあなたのキレイを表現

本日もアクセスありがとうございます

奈良県香芝市、上牧、広陵からすぐの美容整体パーチの院長の神橋です

 

 

いやになる写真うつり

 

美容と健康から少し離れそうですが、自分自身に自信を持つことも美容にとっては大切なことなので

 

「私って写真うつりがひどいの!」

よく聞く言葉で、それだけ「写真の自分」と「自分が思っている自分」にギャップを感じている人が多いということでしょう

そう言う私自身もそうだったりします^_^;

ただ悲しいことかもしれませんが今の写真は正直です

ほとんどが実物より悪くもなく、ありのままにうつっているんです

「いやいやそんなこと…」こう言いたくなるのは私だけでしょうか(ーー;)

感じるギャップ

 

なぜそれなのに写真にうつった自分の姿に違和感を覚えるのでしょう

まず人は当然のことながら、自分の姿を自分で見ることは出来ないですよね

つまり、慣れているのは鏡にうつった自分という方が多いと思います

そこに落とし穴が隠れています

鏡を前にすると人は必ず自分の顔を「つくろう」としてしまい、素のままの顔では絶対にうつろうとしないんです

もしボーっとした自分が鏡にうつったなら、もう一度鏡をのぞきこみ目を大きく開けてみたり、口もとのゆるみをなおしたり、

そのつくった顔が普段の自分の顔だと思ってませんか?

(美容の面から言えば少しでも美しい自分をと顔をつくろうとする行為は大切であると思います)

実際に無防備の時の自分の顔というのは結構怖いものであったりします(゚д゚)!

写真の場合は鏡の前に立った時のように自分をつくろうとしますが、鏡のようにその場で見て

自分をつくることができないので思い描いていたのとは似ても似つかないものになってしまいまうんです 

 

美しくうつる、ちょっとしたテクニック

 

まず写真を撮るとき「はい、チーズ」の合図で息を吸っていませんか?

こうすると体や表情は何となく緊張し余分な力が入り硬くなってしまう

だから反対に息をフーッと吐く、これで余分な力が抜け表情もやわらかくなります(^o^)

さらに姿勢をよくすることは基本ですが、モデルの方などは「あご」「」「」「」の四点を同じ方向に向けないようにするそうです

微妙に崩したバランス、ほんの少し危うげなバランスが、体のラインをきれいに見せ、女性らしい表情を引き立てます

写真映りに納得できないあなた、一度お試しを

 

 

 他の記事も気になった方はこちら

キレイな体のつくり方

 

キレイな体をつくるお手伝いをしているのはこちら

香芝市、上牧、広陵からすぐの美容整体パーチのホームへ